【SAOIF】《バフ》の使い方や効果ルールなどについて

未分類
未分類

バフとは

発動すると、「○秒間」など一定時間持続して能力が上昇する効果のことです。

バフが発動している間に、そのバフと合わせて様々な効果を組み合わせることにより、
高いダメージを出すことも、高いステータスを有するプレイヤーなら可能です。

バフ効果を持つスキルレコードの種類 

バフスキル

例)【冷然の一撃】キリト

純粋にバフのみが発動するスキルレコードです。
バフスキルは星4スキルレコードよりも比較的、★3以下のものが多い傾向にあります。


バフ効果を持つソードスキル

ソードスキルの効果テキストに「バフ」「○秒間」
などの記述がある場合、ソードスキルを相手に当てたのと
同時にバフが発動することが多いです。


バフ効果を持つアビリティ

例)【堅牢堅固】ヒースクリフ

アビリティにも、条件を満たせば、バフ効果が発動するものがあります。

[効果名]が同じバフを使った場合 

前に使っていたバフ効果は、後に使ったバフ効果に上書きされ、効果持続時間がリセットされます。

例えば、「60秒間」と書かれているバフ効果を使ってから、残り40秒あたりになっている状態で、
さらに同じ[効果名]のバフ効果を発動した場合、その時発動したバフ効果が「60秒間」
なら、残り60秒にリセットされます。

[効果名]が異なるバフを使った場合 

それぞれのバフ効果が全て発動します。

入りバフ(いりばふ) 

など、ボス部屋に入る前にバフを打ってからクエストやボス戦に挑むことは、よく「入りバフ」と呼ばれます。

特に、迷宮区のボス部屋の手前でスイッチが貯まってる場合、
スイッチには、フロアを移動するとスイッチゲージが空になるという
特徴があるので、ボス部屋には入るとスイッチゲージが空になります。

スイッチ枠にバフスキルをあらかじめセットしておけば、ボス部屋
手前でバフスキルをスイッチとして撃つことで、貯まったスイッチ
無駄にしない、という動きもすることができます。

ボスを倒した直後などに 

ボスを倒した時、クエストやダンジョンクリア時などに次のLoading画面に移るまで
時間があるので、その間にバフを撃てばバフが持続するため、入りバフと同じようなことができます。

例えば、掲示板(キャラクエスト)でボス周回するときに、
ボスを倒した直後にバフを撃つことで、それが十分な効果持続時間のバフならば、
入りバフのような形になり、周回効率が良くなる場合もあります。

PTバフ 

パーティー全員に及ぶバフ効果です。

PTバフ効果持ちスキルの効果テキストには、
[PT○○数字・バフ]と書いてあることが多いです。

クイックチェンジしても持続

バフを発動してから、クイックチェンジ(武器の持ち替え)して
違う装備セットに変更しても、あらかじめ発動しておいたバフ効果は
持続します。

バフのステータス反映を見る

バフ効果中にステータス画面を開くと、そのバフが反映されたステータスを見ることができます。

例えば攻撃力、防御力、クリティカル発生率などの上昇バフを撃った直後にステータス画面を
開くと、それらの数値が変わっています。

しかし「HPに応じてクリティカル発生率が上昇」の「〜に応じて」にように、
はっきりと数値が書いてない場合、ステータスに反映はされません。
ステータスに反映されてないだけで、発動はされているので、発動中は効果が適用されています。

その他の効果ルール

もちゆき

もちゆきと申します。スマホゲーム《SAOIF》の解説をしています。
このサイトは、もともとやっていたwikiの引越し先です。
youtubeもやっていて、そちらでも主に解説をやっています。
まだまだ先は長いですが、《SAOIF》でわからないことを調べたら、
なんでもわかるようなサイトにしようと考えています。
よろしくお願いします。

もちゆきをフォローする
もちゆきをフォローする
もちゆきのSAOIF攻略

コメント

タイトルとURLをコピーしました